初めての不動産投資に疑問、不安があるなら専門家に相談

間違った認識

パソコンとシニア夫婦

資産運用向けの金融商品は、キャピタルゲイン狙いのものとインカムゲイン狙いのものの2種類に分けることができます。
たとえば株式売買を行うことによって出る差額の収益はキャピタルゲインにあたります。
一方、購入した株式を保有し続けることによって入ってくる株主配当金のようなものはインカムゲインに該当することになります。
一昔前までの日本には「土地は必ず値上がりする」という土地神話がありましたので、キャピタルゲイン狙いの不動産投資を行うのが当たり前のようになっていました。
しかし、バブルの崩壊と同時にその神話が消滅してしまい、土地の値上がりを期待することが難しくなってしまったのです。
そのため、他の金融商品と同様に、不動産投資においてもインカムゲイン狙いの投資を行うことが一般的になってきました。
日銀のゼロ金利政策は当分続けられると予想されていますので、今後インカムゲイン狙いの投資がますます多くなっていくと考えられています。

インカムゲインを得ることができる不動産投資の方法とは、簡単に言ってしまうと、賃貸物件を建てて、そこからあがってくる賃料で収益をあげる方法のことです。
借主の対応が必要になるため、賃貸経営は負担が大きいのではないかと不安を感じる人が少なくありませんが、最近は賃貸物件の管理業務を丸ごと引き受けてくれる業者がたくさん登場してきていますので、資金の提供さえすれば他は何もすることなく収益を手に入れられるシステムが確立されています。
借主の面接から家賃の回収、クレームの対応など、煩わしいことは全て業者に任せてしまうことができるため、何のノウハウも持っていない人でも、簡単に大家業を始めることができます。
また、あまり多額の資金を有していない人向けに、不動産の権利が債権化された金融商品も存在していますので、不動産投資を行う人がさらに増加するだろうと考えられています。